嫁 不倫 制裁

嫁の不倫に制裁する方法

嫁が外出先で不倫をしているので制裁として慰謝料を接収。証左が不備である状態で、ワイフの不倫を問いただしてペケになった場合紹介。音声録音機へ採録した奸夫とワイフの情事を重ねる会話。

 

嫁さんの浮気相手へサンクションとして高額な慰謝料接収 をしてリベンジする戦略。

 

慰謝料の平均金額の200万円前後より高い補償金をチャージ してやる法律的な方術を説明。

 

家内の姦通が発覚してしまったときには、凄まじい恨みのセンチメントと失望感がなかなか収まりませんよね。

 

 

奥さんの生活が不審になり、音声録音機をかばんに隠し入れたりしておきました。

 

後で聴いてみると、姦夫と体の交わりをしているようね喘ぎ声が確認できました。

 

これはもう確固たる証左だと思い込んでワイフに審訊してみたら、密通を承認しました。

 

されども、いざ浮気相手に対して慰謝料要償をしようとしたら、急に姿勢を変えてしまったのです。

 

ラブホテルに単独で休憩しに行き、男と二人ではないと。

 

そんな言い訳は通じないと感じましたが、ロイヤーの先生にコンサルテーションしてもらってみても、なんと言っても不倫の現場を写真撮影など証拠資料として保存しておかないと、裁判で明白な姦通の証左にはならないという答え。