妻 浮気

妻の浮気の再構築方法

妻の浮気が発覚して修羅場になってからの再構築方法。嫁の品行が明白に他人行儀になってしまって、ペアのつながりが劣化してきたと考え始めていたら、しょっちゅうケータイを操作するようになり、皿洗いや食事の用意をそんなにしなくなって、外泊することがふんだんになった折りの。カップルの体の交わりが忌み嫌われるようになり、対話がほとんどなくなってしまった。

 

 

夫との夜の営みはからっきししなくなったにもかかわらず、魅力的な下着類がたくさんになってきて、官能的なパフュームをつけてオシャレな洋服で、朝帰りするまで馴染みの友と飲みに行くことが多くなってきたとき。

 

旦那としては、判然と不義をしているとしか感じないけれども、プルーフも無いのに審問しても関係が悪くなる。

 

そうは言えども、この状況のまま知らんぷりしていると私が鬱になってしまう。

 

それに、未成年の子供へも精神衛生上の問題がある。

 

妻の浮気相手への制裁方法

 

逆に、妻が密夫と性行為していないのに、不貞だと怒って詰問すると、こちらの立場が悪くなってしまいかねない。

 

確たる証拠が不足な状況で、嫁はんの密通を糾弾して不出来に終わった案件解説。

 

音声録音機に音入れした姦夫とママの淫乱な会話。

 

ワイフの言動が怪訝になり、音声録音機を鞄に入れたりしておきました。

 

後になってチェックしてみる、男と性愛している音が聞こえてきました。

 

こういったことは確然たる裏書きだと思い込んで嫁はんに審問したら、姦淫を承認しました。

 

しかしながら、いざ奸夫に対して慰謝料主張をしようとしたら、ひょいと言葉を変えてきたので。

 

旅館へ一人だけで行き、男とペアではないと。

 

そういった言い逃れは通用しないと思いましたが、弁護士先生に仰いでみても、何てたって不貞の現場を動画撮影など資料として残しておかないと、裁判になった時に明確な証拠情事の確たる証拠と判断されないとの返答。

 

ワイフが車の助手席で奸夫とディープキスしていたのに・・・。

 

嫁はんの帰宅時間が過度に遅いので、職場に赴いてみたところ、当然のごとく鍵が閉まっていました。

 

駐車スペースにママの乗用車があり、よりによって他の男と唇で愛撫していました。

 

それを目撃して卒倒しそうになってしまいました。

 

義憤のあまり、ドアをオープンして声を張り上げてどなりつけ、相手のIDおよびビジネスカードを取り上げ、慰謝料請求を行いました。

 

ところが、少し日が経って密夫の弁護士から電話が来て、私がしてしまった言動は脅迫罪に該当するから、警察当局に被害届を送付すると知らされてしまいました。

 

また、車の助手席でキスしただけでは不倫に相当しないので、密会の慰謝料を渡す責めは無いというのです。

 

こちらとしては尋常ではなく心騒ぎしました。

 

奥さんが男と口づけしていて、それが不貞行為にならないなんてバカ言うなという心情でした。

 

最終的に、示談でしたが、こちらとしては屈辱的な心情です。

 

万が一ママの密通が露呈しても、自分自身でリベンジは避けてください。

 

それは、自分で制裁を与えようとすると、自分の立場が弱くなってしまうからです。

妻の浮気が発覚して修羅場になってからの再構築方法記事一覧

妻の浮気相手への制裁と子どものメンタルケア。相手が間違いを犯したからと言って、嫁に激しい声で怒鳴り散らしてしまった時には、ドメスティックバイオレンスと判断されて離婚裁判に持ち込まれた時などにやたらに立場が弱くなります。猛烈なトーンで咎められたので心的外傷ストレスになったと診断書を病院で医者に書かれて、奥さんが裁判所に手渡してしまうこともあり得ます。または、間男を殴打してやりたいと憤怒する方もいるの...